ipoで当選しやすいネット証券7社比較 ipoに強い証券会社の4つの条件 年度別ipo取扱数ランキング; ipoの当選確率を上げる3つの秘策。主幹事実績が最も多いネット証券会社は?ipo投資に強い証券会社の選び方; sbi証券のipoで当選する4つの方法。 ipoに大量当選している人がいるのはなぜ?一年間に何十回もipoに当選している人がいます。なぜそんなに当たっているんですか?からくりはあるの?ipo当選は「運だめし」と庶民のipoでは説明しておりますが、それはあくまでも私を含めた一般人の場合です。 ipo当選率は、証券会社の選択で大きく変わるipoの抽選方法や取扱い枚数といった条件は、証券会社によってバラツキがあります。全くipoの取扱いが無い会社もあれば、全ipoの80%以上を取扱うような凄い会社もあります。また、取扱い数が多くても抽選条件が悪く当選しずらい会社もあります。 このあたりはネット上でよく名前が上がっている証券会社ですので、あまり違和感がありません。岡三証券も結構上位に食い込んでいます。 ところが、公平抽選で当たりやすいと巷では言われているマネックス、カブドットコムはそれほどではありませんね。
ipo(新規公開株)に当選する一番の近道は、各証券会社の抽選ルールの違いを理解し、できるだけ多くの当たりやすい証券会社からipo抽選に参加することです。. 17社の証券会社に口座開設し、これまでipoに73回当選し1,193万円の利益を得ているカブスルが、ipoにおすすめの証券会社を紹介します。資金不要の証券会社もあり。 ipoに当たりやすい証券会社を5社紹介!ipoに強い証券会社を「幹事実績・主幹事実績」や「抽選方法」「抽選配分割合」に基づいてピックアップしてみました。今回紹介したsbi証券やsmbc日興証券などの口座を開設して、ipoの当選を狙っていきましょう。