WordPressのテーマのほとんどは、すでに綺麗にデザインされており、とても簡単に本格的なWEBサイトを構築することができます。さらに、プラグインやCSSを編集することで、テーマを自由にカスタマイズすることができるのもWordPressの強みです。 Wordpress; 先日公開したFrogのサイトは例のごとくWordPressを使って制作しました。 ブログで使う「投稿」や、その他の「ページ」とは区別して、これからも増えていくであろうチームメンバーの一覧&詳細ページを、カスタム投稿タイプという機能を使って作成したので手順を公開。 WordPressのPHP編集方法! 初心者向けにカスタマイズ方法や学び方を解説 WordPressはHTMLやCSSなどの知識がなくても簡単にWebサイトを作成し、運営することができます。 WordPressのカスタマイズで最も手強いのがfunctions.phpですが、Code Snippetsというプラグインを使うとコードの管理がとても楽になりますし、エラーがおきてもブログが真っ白になることはありません。使い方を解説します。 CSS編集でWordPressを自分好みにカスタマイズする方法 更新日 : 2018年11月8日 ウィジェットを作成するには、持たせたい機能をPHPコードで書いていくので、難しいなと思う方はプラグインを導入することから初めても良いかもしれませんね。 プラグインとは、WordPressで作られたサイトに様々な機能を追加できる拡張ツールです。 有料、無料含め世界中に優れたプラグインが星の数ほど公開されています。 micata(ミカタ)及びSTINGE 今回は、サイト上にページのナビゲーションを簡単に表示できるプラグイン、WP-PageNaviの使い方について解説していきます。自分でゼロから設置するのは難しいからこそプラグインを使って簡単に設定 … WordPressのカスタマイズで最も手強いのがfunctions.phpですが、Code Snippetsというプラグインを使うとコードの管理がとても楽になりますし、エラーがおきてもブログが真っ白になることはありません。使い方を解説します。 WordPressのフッターを編集する方法は2つあります。 ウィジェットから編集する. WordPress管理画面の「外観」→「ウィジェット」よりドラッグ&ドロップでフッターエリアに必要な機能を実装していきます。 サイトの制作中や公開後のサイト管理中に役立つプラグインをまとめておきます。すべてが必須プラグインではありませんが、「こんなパーツや機能を作りたい」を実現できそうなものがあれば活用してください。目次が長くなっております。ご注意ください。 WordPressのフッターの編集方法. WordPressプラグイン「WooSidebars」は、サイドバーやフッターなどのウィジェットエリアをページ毎に自由自在にカスタマイズ(編集)するための機能拡張系プラグイン です。 (ちょっと控えめに … php - 無し - wordpress テキスト エディタ プラグ イン WordPressプラグインでTinyMCEに電話する (6) 自分のワードプレスプラグインにTinyMCEを追加する方法はありますか? WordPressのバージョンを4.0.1にアップデートしたら、Blog記事の編集画面一番下位のsocial settings のページが開けず、個別にFacebookとTwitterの画像や紹介文の設定が出来なくなってしまったのですが、何か対策はありますか? WordPressのクラシックエディタの「ビジュアルエディタ・テキストエディタ」を使いやすく拡張できるプラグインを紹介します。 WordPressの記事編集エディタは、標準ではシンプルな機能しかありませんが、この記事で紹 … WordPressをより便利に使用するために用意されている拡張機能が「プラグイン」です。プラグインは多くのユーザーによって開発・公開されており、目的にあったプラグインをWordPressにインストールすることで手軽にWordPressの機能を拡張することができます。 今回はプラグインを使わずにワードプレスの目次を自動生成するプログラムを作りましたので、シェアできればと思います。 コピペでokです! 今回作った目次プログラムを使ったサンプルページがこちらです。 目次をクリックするとその部分まで飛びます。