最終的な運転再開の可否は、免許センターでの運転適性相談をもとに決定されます。 9 免許センターでの運転適性相談 運転再開可能 7 条件付きで運転再開 運転再開不可 at限定 車両限定 運転補助装置の設置 など 病気など、やむを得ない理由 脳梗塞になると車の運転はできないのか?いつから再開できるのか? ネットでは情報が錯綜していて分からないことが多かったので、私が実際に「警察署」「自動車講習センター」「保険会社」「ケアマネ」に相談して教えて頂いた内容をまとめておきます。 平成26年に道路交通法が改正され、運転免許の更新時に健康状態について、公安委員会に申告することが義務化された。道交法改正により回答は義務となり、虚偽申告をした場合の罰則(1年以下の懲役、または30万円以下の罰金)も設けられています。では、何が対象になるのか調べてみました。

適性検査を受ける! 実際に、運転免許試験場に行き、適性検査を受けます。 適性検査の内容として、身体機能評価、高次脳機能評価、ドライブシュミレーターでの評価を実施します。 脳疾患と運転免許【その2】医師の診断書. 脳疾患に限らず、障害を負った場合に運転免許を取得するには、適正検査だけではなく、 医師の診断書 も必要になります。 何故なら、適性検査だけでは医学的な観点での評価は難しいからです。 脳梗塞などのあと、運転適性相談のタイミングに迷ってしまうかもしれません。 というのも、 脳梗塞などを発症してから免許更新までの間、運転適性相談に強制力はな い から。 この間、運転適性相談を受けなかったとしても、何ら罰則規定はありません。 私は脳出血を発症してちょうど1年経ったタイミングで運転免許の更新を行いました。後遺症がほぼ解消できていると自負していたため楽観視をしていたのですが、それでも実際に体験してみるといろいろなトラブルがありました。それらもまと 脳出血や脳梗塞などの脳卒中を発症した患者さんが、自動車運転を再開するために必要な手続きはどうなのか考えてみました。医師や医療ソーシャルワーカー、自動車運転免許試験場、所轄警察署に確認しながら考えてます。 すでに自動車運転免許を持っている方の場合、脳卒中を発症された方は運転免許センターへ申告し適性検査を受ける必要があります。 脳卒中では視野や注意障害などが後遺症にあると運転に支障が出る可能性があるので、申告は必ず行っておきましょう。