前者は、アプリごとバックグラウンドでのモバイルデータ通信をオフにします。Android標準設定の範囲内で実現できるため別途アプリの用意は不要ですが、あくまでそのアプリを開いていないとき(=バックグラウンド)のみ4G(LTE)通信を制限します。 Android 8.0から、バックグラウンドアプリが位置情報を取得する回数に制限が制限されています。 アプリがフォアグラウンドにいる場合は問題ありませんが、この制限を回避する方法の一つは、Foreground Serviceを使うことです。 Android 8.0では次のようなメッセージが表示されます。 次に、ある特定の権限を要求したアプリ、要求する可能性のあるアプリ、または特定の権限を許可されているアプリを、権限のグループから確認する … ※バックグラウンドデータの制限を設定すると、ネットワークやアプリケーションの一部機能を停止させることがあります。 停止方法の一例 <Androidの場合>(ここではXperia SOV38を例にしています) ①アプリ一覧画面から「設定」をタップ Android 9(API レベル 28)以前をターゲットとしているアプリが Android 10 以降で実行されている場合、プラットフォームでは次の動作が適用されます。 Androidスマホは、色々なアプリがバックグラウンドで実行されています。これらのアプリはメモリやバッテリーを消費するので、不必要なものは停止させたいですね。この記事では、Androidスマホでバックグラウンドで実行中のアプリと通知の停止方法を説明しています。 Android 9 以前をターゲットとするときに自動的に許可されるアクセス. ただ、全てのアプリのバックグラウンド通信が制限されると困るので、アプリ毎にバックグラウンド通信を有効にすることができる。設定するには「データセーバーon時にデータ使用を許可」をタップする。 ポケモンgoのバージョン0.51.0へのアップデートにて、バックグラウンドでも常に位置情報を取得する設定が増えました。設定の仕方や、タマゴの距離が加算されるか掲載しているので、参考にしてくださ … そんな バックグラウンドのアプリ が どんどん溜まるとAndroid端末の 動作が遅くなったり、 バッテリーを余計に消費する 原因ともなります。 今回はそのような バックグラウンドの消し方 をお伝えしてい …