「胎位異常」とは?骨盤位(逆子)や横位などはどのように直す? 胎位異常は母体の縦軸と胎児の縦軸との関係によって縦位、横位、斜位が定義されています。 公開日:2016-08-07 「Rh(D)式血液型不適合妊娠」とは?妊婦が陰性で相手が陽性の場合は? 【医師監修】いよいよ妊娠28週に入りました。妊娠8ヶ月の最初の週で、ここから出産までの期間を「妊娠後期」と呼びます。赤ちゃんの成長とともに妊婦さんのお腹も大きくなり、妊娠後期特有の症状も現れてきます。今回は妊娠28週の胎児や妊婦さんの状態などをご説明します。 妊娠28週から妊娠8ヶ月。妊娠後期に突入です。臓器は細部までも完成形に近づき、呼吸に似た運動をしたり、ウンチを作ったり、働き方を練習中。急ピッチで仕上げに入った胎児のエネルギー源は、母体からのブドウ糖。急に甘い物が欲しくなったのはそのせい? 逆子とは、骨盤位(こつばんい)の別称のことで、妊娠後期(妊娠28-39週)に入っても、子宮内の胎児の頭が出産準備に向けて下を向いていない体勢を言います。 通常、胎児は子宮内で羊水の中をプカプカ浮きながら、頭を下にした状態で安定しています。 妊娠28週目は妊娠後期に入る時期であり、胎位が段々と下がってきます。胎動も激しくなり、逆子も気になる時期です。これまでに悩まされていた身体の不調が段々と改善されるようになり、赤ちゃんの体重ますます重くなってくる時期だからこそ注意しなければならない点もあります。 妊娠34週6wに横位になる。胎動が激しい。 妊娠28週で逆子→29週で治ったのに、今度は妊娠34週・妊娠9か月の妊婦検診で胎児が横向きになっているといわれてしまいました。