しかし2011年、厚生労働省の通知により、流通工程での馬刺しの冷凍が義務化される。 滅菌を主な目的とした冷凍処理は、安全性の向上といったメリットもある一方で、購入者からは「解凍がうまくいかない」という意見も出ていた。

馬刺しは数年前から冷凍が義務付けされてますね。 私をはじめ、以前の生の馬刺しを知っている人は、 冷凍が始まった当時はありえないと思ったもんです・・。 ヘルシーであっさりとした味わいで、お酒にもぴったりの馬刺し。馬刺しを家で食べるにはどういう方法で、何と一緒に食べるとさらに美味しくなるのでしょうか。このページでは馬刺しの解凍方法や切り方、焼き方の他、タテガミの食べ方など馬刺しの食べ方についてまとめました。
馬刺し(馬肉)の解凍方法.

うちだの馬刺し「初回限定セット」は、極上霜降り、特上霜降り、極上赤身、特上赤身、タテガミの豪華5点セット!独自の解凍技術により旨味が閉じ込められ、馬刺しが苦手な方でも楽しんでいただける商品となっています。 生食用馬肉は、安全のために冷凍処理が義務付けられています。当店の馬刺し用馬肉は約100gまたは80g(希少部位は約50g)ごとのブロックに切り分けて真空パックし、冷凍した状態で販売しております。 繰り返しですが、厚労省は冷凍することを義務づけています。 また、こちらは福岡県久留米市のふるさと納税商品になります。 【ふるさと納税】このみ桜 馬刺し 赤身上 150g×2 約300g 馬刺し ばさし 馬 国 …
厚生労働省は、食中毒対策として流通過程で馬刺しを冷凍処理するよう全国に通知しました。馬は体温が約40度と動物の中では高いため、寄生虫が少なく、馬刺しは安全な食品とされてきましたが、安全性を考え冷凍でしか流通してはいけないように決められました。 馬刺しの流通は冷蔵から冷凍へ 平成24年7月から牛のレバー生食は食品衛生法で禁止されました。 禁止前にみんなでこぞって生レバーを食べに行く社会現象になっていましたね。