経理を任されている方、または事業者の方にとっては、領収書の発行は、日常的な業務であると思います。 しかし、このような場合はどう対応しますか? 『貰った領収書をなくしてしまったので、再発行し … 領収書は、日常の取引で頻繁に使われますが、発行する「義務」はあるのでしょうか。ここでは、民法における領収書の発行義務の根拠について、また、クレジットカード払いや銀行振り込みといった例外における領収書の発行義務について解説します。 領収書の保管や精算は必ず原本でなければいけないのか?実は、原本以外にも精算のための資料となるものはあります。また、保管方法も電子化が認められる時代となっています。領収書のコピーについてや電子化を取り入れるためのメリット・デメリット・注意点について紹介します。 領収書の再発行方法 紛失時の再発行. 何らかの理由で領収書を紛失してしまったり、破いたり汚してしまって証明書としての体裁を果たさなくなってしまった場合、発行元に依頼することによって再発行してもらうこともあります。 毎年11月くらいから病院の領収書を再発行して欲しいと問い合わせ増えてきますね。確定申告の医療費控除に使うためです。医療事務あるあるではないでしょうか。入院した患者さんや年間を通じて来院している患者さんには多いです。問い合わせのピークは12月 領収書をなくした経験がある方も多いと思います。こういった場合はどうすればよいのでしょうか?代用品や再発行など様々な方法はあります。今回は領収書を紛失してしまった際にの対応についてを紹介します。代用になるものの例も紹介しますので参考にされてください! 領収書を紛失した際の対応方法についてご紹介しました。領収書を無くした時は、どうしても焦ってしまったり、落ち込んだりしますが、ここで紹介した方法である程度対応できるはずです。ぜひ覚えてお … もし領収書を紛失してしまった時は、どうすればよいのか。経費にするのを諦めるのはちょっと待って。領収書やレシートは再発行できるのか、最後の手段として出金伝票を使う方法など、領収書をなくした際の対策について説明します。