同じ年の還付申告を2回するとどうなるか。先日、過去分の還付申告を行った結果、以前、既に還付申告をしていることがわかりました。その場合、更正の請求という手続きをする必要があるようです。今日は、この手続きについて、自分が行った事を書いてみます。

公開日:2017/09/13 最終更新日:2020/02/18 確定申告した税金のうち、払い過ぎていた税金があった場合や還付金を少なく申告してしまっていたという場合に、修正を行う手続きが「更正の請求」です。

同じ年の還付申告を2回するとどうなるか。先日、過去分の還付申告を行った結果、以前、既に還付申告をしていることがわかりました。その場合、更正の請求という手続きをする必要があるようです。今日は、この手続きについて、自分が行った事を書いてみます。 確定申告の更正の請求ってどう書くの?還付金っていつ来るの?更正の請求にまつわる疑問を徹底解説!確定申告の更正の請求とは、確定申告で経費漏れや控除欄の漏れにより税金を払いすぎた時に請求できるもの!医療費やふるさと納税の控除漏れの対処法も紹介!

確定申告を間違えたら修正・訂正することは可能。ミスに気づくのが申告期限前なら訂正申告、申告期限後なら修正申告もしくは更正の請求と手続き方法が違います。修正申告では加算税や延滞税などペナルティが発生することもあり、注意が必要です。

更正の請求ができる期間は、原則として法定申告期限から5年以内です。 (2) 納める税金が少な過ぎた場合や還付される税金が多過ぎた場合 この場合には、修正申告により誤った内容を訂正します。 確定申告での「更正の請求」とは?更正の請求とは、確定申告にもとづいて納めた税金が多すぎた場合や、還付される税金が少なかった場合に、税務署に税金の還付を請求することです。かんたんにいうと「はらいすぎてしまった税金を返してもらうための請求」です。 確定申告書に誤りがあったとき、手続きを行うことによって確定申告のやり直しを行うことができます。今回はやり直しをすることによって所得税が還付されるので、更正の請求を行いました。 更正の請求に該当する要件は、先の申告で税金を多く申告してしまった場合、もしくは還付される税金を少なく申告していた場合になります。 更正の請求によって、税務署により妥当と認められた場合は、還付などが行われるしくみです。 「確定申告・還付申告・修正申告・訂正申告・更正の請求」の違いをまとめました。確定申告の目的には、税金の「納付」と「還付」の2種類があります。一度確定した税額について、もし誤りが発覚した場合は「修正申告」や「更正の請求」の手続きによって、その内容を正しましょう。 もちろん、更正の請求で返してもらえる税金にも還付加算金はつきます。 た・だ・し、5年前の確定申告について更正の請求をしたからといって、5年分の利息(還付加算金)をもらえるわけではありません。 確定申告での「更正の請求」とは?更正の請求とは、確定申告にもとづいて納めた税金が多すぎた場合や、還付される税金が少なかった場合に、税務署に税金の還付を請求することです。かんたんにいうと「はらいすぎてしまった税金を返してもらうための請求」です。 払い過ぎた税金を取り戻すための確定申告をした場合には、確定申告してから還付金を受け取るまでのスケジュールは、およそ1~2カ月後です。e-Taxの場合にはもう少し早くて、3週間程度で振り込まれます。戻ってくるお金は、口座振込で受け取ることができます。 本来より多い税額で確定申告書を提出し、申告期限後にその誤りに気づいたとします。この場合、更正の請求という救済措置があります。更正の請求の申告期限や訂正申告、還付申告との違いなどの注意点 … 確定申告書の誤りにより税金が少なくなり、又は還付金が多くなる場合には更正の請求ができます。手続きは更正の請求書を使って法定申告期限から5年以内に行いますが、必ずしも更正されるとは限らず、納税者が任意で選択できる制度については更正の請求ができません。 A 確定申告の必要がない方の還付申告は、還付申告をする年分の翌年1月1日から5年間行うことができます。 したがって、これまでに申告をしていなかった場合、平成27年分については、令和2年12月31日まで申告することができます。 還付金が振り込まれた後でも、3月15日までなら訂正申告は可能です。当初還付額<訂正後還付額の場合は、後日、差額の還付金が振り込まれます。当初還付額>訂正後還付額の場合は、税務署から送られる納付書に基づき差額を返すことになります。