相続税の申告 は、相続の開始から10か月以内に完了しなくてはなりません。. 2 相続税の申告書に添付し提出していただく主な書類は次のとおりです。 詳しくは税務署にお尋ねください。 なお、重複する書類がある場合には、重ねて提出する必要はありません。 相続税の還付を受けるには、税務署に対し、「更正の請求」と呼ばれる手続きを行わなければなりません。 更正の請求とは、税金を多く支払っていたため、返して欲しいという手続きです。 申告書を作成するためには、さまざまな 書類 を集める必要がありますから、可能であれば遺産分割協議と同時進行で、早めに申告手続きを開始するようにしましょう。. 相続税が返ってくるまでの手続きの流れ. 相続税を申告する際には申告書と一緒に添付書類も提出します。 相続税を計算して申告する際の根拠資料、被相続人との関係を証明する資料などが必要となります。特に、課税価格の計算の特例や税額軽減を適用する場合必ず提出しなければならない資料もありますので注意が必要です。 相続税の更正の請求とは、納めずぎた税金がある場合に還付してもらう手続きのことをいいます。すでに相続税の申告、納税を済ませた方でその内容に不安がある場合は、相続税に強い税理士に相談してみることをおすすめします。 税理士は税務代理をする書類(税務権限代理証書 以下a書類といいます)を相続税の申告書に添付します。これにより税務署は税務調査をする場合、税理士に通知することになっています。さらに、申告書の財 …