1年単位の変形労働時間制度であっても、時間外労働時間が発生した場合、残業代(時間外労働手当)の支払いが必要です。 法定労働時間を超えると時間外労働手当を支給する形となります。. 「変形労働時間制」は業務量に合わせて労働時間をフレキシブルに調整できるため、残業時間や残業代の抑制になりますが、残業時間の計算方法や労働時間の計算は複雑。ここでは図を交えて、変形労働時間の正しい計算方法をわかりやすく解説します。 変形労働時間制での時間外労働についても、通常と同じように残業代計算をします。変形労働時間制について就業規則や労使協定で定めた所定労働時間を超えて働いた時間に対し、2割5分以上5割以下の割増賃金を乗じて労働者に支払うことになります。

あなたは会社から変形労働時間制で契約され、「どういうルールなんだろう」と思っていませんか?変形労働時間制は通常とは異なる残業や残業代のルールですので、会社から残業代をごまかす手段として利用されることもあります。現役弁護士が詳しく解説します。 1日8時間以上の労働時間部分は、時間外労働手当の支払いが必要です。 法律上の残業代をどのように計算すれば良いかについては、意外と正しく知られていないのではないでしょうか。そこで今回は、通常の勤務体系の方のみでなく、変形労働時間制やフレックスタイム制の方も含めて残業代の正しい計算方法について解説します。 変形労働時間制の残業計算方法も、通常の残業代の計算と同様ですが、あらかじめ定められた1日当たりの労働時間を超えて残業が発生すれば、残業代が必要になります。 1. 1ヶ月単位の変形労働時間制度であっても、時間外労働時間が発生した場合、残業代(時間外労働手当)の支払いが必要です。法定労働時間を超えると基本的に時間外労働手当を支給する形となります。 変形労働時間制は、その特殊な働き方から、残業代の計算方法も難しいのではないかとお考えの方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか 前回の記事では、最も一般的な働き方(定時が毎日同じ)の場合の残業代計算の仕方について説明をしました。

変形労働時間制は、その特殊な働き方から、残業代の計算方法も難しいのではないかとお考えの方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか 前回の記事では、最も一般的な働き方(定時が毎日同じ)の場合の残業代計算の仕方について説明をしました。 8時間以上の労働時間. 労働時間の基本「1日8時間、週40日」というルールを月や年単位で設定する「変形労働時間制」。 変形労働時間制が導入されている場合、時間外労働の時間はどのように考えればよいのかご紹介します。 変形労働時間制の残業代. 変形労働時間制の解説と残業代の計算方法を紹介しました。変形労働時間制が無効になる場合もありますし、有効である場合でも固定労働時間制と比べると残業代の計算方法は複雑です。