国民年金の「学生納付特例制度」とは? 日本国内に住むすべての人は、20歳になった時から国民年金の被保険者となり、保険料の納付が義務づけられていますが、学生については、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。 学生納付特例で猶予(学生免除)を受けていた国民年金保険料。払うべきなのか払わない方が良いのか悩みますよね。今回の記事ではそれを判断するための指針を紹介します。追納分の保険料を支払わずに自分で運用したらどうなのか?という疑問にも答えているので、ぜひ参考にしてください。 国民年金の資格取得届と学生納付特例申請書を同時に提出した場合であっても、納付書が送付されることがあります。 学生納付特例は、原則として申請日にかかわらず、4月から翌年3月まで(申請日が1月から3月までの場合は、前年4月から3月まで)の期間を対象として審査します。 学生納付特例で免除されていた国民年金保険料を追納した体験をまとめてみました。「追納手続き申込書郵送」で手続き可能! サラリーマンは印刷して郵送が楽ちん!追納しなくてもよいが、追納することのメリットのほうが大きいので追納しよう!
国民年金の「追納」とは、満20歳時点で学生だったり失業などで収入がない場合に保険料支払いの「免除」や「猶予」を受けた人が利用できる制度です。免除や猶予を受けた場合に利用したい追納制度の概要、対象者から、追納のメリットや申請方法まで、具体的に解説していきます。
国民年金の学生特例の追納方法について紹介しています。私は現在20代後半(※本記事の執筆時)なので、私と同年代で過去に学生特例を申請したことがある方にとっては関心のある話題ではないでしょう … 国民年金保険料や国民年金付加保険料が未納となっている期間や、免除、学生納付特例制度または納付猶予制度の適用を受けている期間など、今後納付・後払い(追納)が可能な月数や金額を「ねんきんネット」上で確認することができます。 確認方法