所得税や住民税は節税しやすい税金ですが、なかなか節税がしにくい税金があります。それは消費税です。特に個人事業主の方にとって、売上が1,000万円を超えてくると、消費税の負担は重くのしかかってきます。どのように消費税の負担を軽くすることはできるのでしょうか? 消費税の納税は大変です。本来、消費税は預かっているお金なので納税ができるはず、というのが国の言い分です。実際はお金に色がついているわけではないので、普段の資金繰りに使ってしまいますよね。 法人も個人事業主も消費税の納税は大変ですよ! 個人事業主についてお調べですか?当記事では、事業主への新型コロナウイルスコロナ融資を解説しています。新型コロナウイルス感染症特別貸付が、低金利かつ無担保で利用できます。信用力も担保も要らずに、一定期間の遡及適用で危機関連保証を受けられます。 平成30年7月から令和元年6月までの間に行った所得税・消費税の実地調査の件数は、合計73,579件でした。前事業年度の件数が72,953件でしたので、対前年比100.9%となっています。毎年、7万件程度、個人事業主への実地調査が行われているのがわかります。 個人事業主なら今年度の税金が払えない . 消費税; 加算税; 法人税 ... 【第四弾】新型コロナを乗り切るための個人事業主が使える助成金・給付金・補助金(5月29日分まで) コロナ不況に影響されない・税理士資格だけに依存しない 相続手続きビジネスを成功させる秘密を大公開! 小さな会社や個人事業主の消費税の納税の多くは、年に一度または半年に一度本来、預り金である消費税ですが、納税するまでの期間が比較的長いため、消費税を支払う段階になって、払うお金がない…という事態に陥いることがあります滞納税額の多い税金平成27

という状況を経験した方は 多いのではないでしょうか? 実際に私きゃっするのところにも、 この相談が多いのが事実です。 まさに今、貴方が所得税や消費税の 税金の支払いで悩んでいるのであれば、