ルアーやスナップとラインを結束する際、おすすめなのがパロマーノット。簡単な手順で10秒以内に完成し、「ダブルライン」の状態から結束を開始するので、90%以上の接続強度を出せるのが特徴。釣り人なら、覚えておいて損は無い結び方。 結び方の解説 アメリカ結びとも呼ばれています。つなぎ目が小さく、卵形の結び目になることから、投げ釣りなどの力糸の結束としてよく使われています。極端に太さが違ったり、片方のラインが滑りやすいPEラインなどでは、抜け易く不向きなノットです。 リールはスプールに適切な量のラインを巻いておかないと、本来持っている性能を発揮できません。その適切な量にするために必要なのが下巻きです。この記事ではリールの下巻きを計算要らずで失敗せずに巻く方法をご紹介します。 目次 1 何故ベイトリールの下糸巻きとしてPEラインが最適なの? 1.1 理由は糸の比重にあり 1.2 裏技としてコルクの使用もアリだが・・・ 2 PEラインの有効的な使い方(メインライン) 2.1 150m巻きを使用する 3 ベイトリールの下糸巻きとしてのPEと+α有効的な使い方 まとめ 下巻きとなるラインの巻き付けが終われば、使い終わった後の空スプールを準備し、下巻きラインからPEラインの順に移し替え。 この時、空スプールが余分に無い場合は、ペットボトル等で代用可能ですが、ラインが複雑に重ならないよう、丁寧に巻き付けて下さい。

リールの下巻きの太さは、メインPEと同じくらいの太さを巻くのですか?PE2.5号なら、ナイロン2.5号でいいですか?あとメインと下巻きの繋ぎ目にテープをする記事を見かけますが、どんな意 PEはナイロンに比べ2.5倍以上の強度が有るので細糸を使える。 細糸を使うメリットとして遠投性能が上がる、潮流による影響を受けづらくなる等がある。 PEの特徴として他に伸びない、しなやか、はりが無い、感度が良い、等が上げられる。 PEラインとPEラインを結ぶ。PEラインは高価なので、高切れなどをした場合は結びたくなりますよね。PEライン同士を直結している方もいらっしゃると思いますが、私はお勧めしません。理由 PEラインをリールに巻く時は正しく巻くことが重要です。正しくとは、下巻きをしてスプールの適正糸巻き量にピッタリと合わせて巻くことです。正しく巻かないとPEラインがだまになるぴょん吉になる(スプールからPEラインがはみ出し輪になる)ドラグが滑