peラインとリーダーの結び方に不安がある。今使っているリーダーの結び方が難しくてやり辛い。もっと簡単で強いリーダーの結び方はないの???あります!!!以前、ご紹介したパーフェクトノット ビミニツイストを使った結び方のひとつです。その名もキン
程度のヒラマサ・マグロ対応のキャスティングロッドになります。基本的には専用ロッドはマグロに対応と銘打ってあるので、その中から自分に合った硬さのロッドを選べば問題ありません。価格的には2.5万円~8万円程度となります。

リーダーの長さはポイントに合わせて調整することが大切です。予め船宿にポイントの特徴を聞いて調整するといいでしょう。 ヒラマサの場合は根ズレが心配となりますので、迷った場合にはリーダーは長めに取る方が無難です。 ジギングの基本は7〜8m. リーダーはなぜ必要なのか?リーダーはどんな素材のラインが良いのか?リーダーの長さはどのくらい必要か?などリーダーについての基礎知識をまとめて紹介する。

リーダーというのは上の図のような メインラインとルアーの間に入れるライン のことである。. ショックリーダーとは、岩などにこすれたり、魚の歯にあたったりしてラインを切られないように、メインラインの先端に結ぶ強度の強いラインのこと。リーダーシステムを組む際には、狙う魚やシチュエーション、どんなメインラインを使うかによって、使用するリーダーも違ってきます。