『ヒロイン』は、2015年1月に発売され、冬の定番曲になったback numberの代表曲です。数々の冬の名曲を送り出した、JRSKISKIのCM曲でもあり、50万枚以上を出荷して、長く愛されるヒット曲になりました。今回は、寒い冬にどこか温かい気持ちにさせてくれる、『ヒロイン』の歌詞を考察します。

歌詞抜けてる 手足の生えた「家畜以下の」醜いタンパク質 -- 名無しさん (2016-02-25 14:24:37) 動画の最後らへんのコメのハッピーヒロインスナイパーはじょるじんさんそのものっていうの最高に好き -- 名無しさん (2016-02-26 01:04:29) backnumber「ヒロイン」歌詞の意味を考察。 この楽曲は「 冬の片思い 」を歌った歌になっています。 しかし、ただの片思いではなく、これまたバックナンバーならではの切ない意味が隠されています。 今回も片思いをする イマイチ素直になれない男の子 が主人公のようですが・・。 涼海ひより(水瀬いのり)」歌詞ページです。作詞:shito・Gom,作曲:shito。(歌いだし)きっとヒロインなら綺麗で 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。 back numberの「ヒロイン」歌詞ページです。作詞:清水依与吏,作曲:清水依与吏。(歌いだし)君の毎日に僕は似合わないかな 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。 back numberのヒロインは冬の定番バラードですよね!一度聞くと何度も聞きたくなりませんか?あの等身大の歌詞や心に残るメロディがたまりません!そんなback numberのヒロインを徹底解剖!人気の理由やヒロインのPV動画などもあわせてご紹介します! HoneyWorksの「ヒロイン育成計画 feat.