箇条書きを追加するには、テキストの行にカーソルを置き、[ホーム] タブで箇条書きのスタイルを選びます。 Enter キーを押して、次の箇条書きに移動します。 下位の箇条書きを追加する インデントを設定するテキストの行にカーソルを置きます。 プレゼンテーションを分かりやすくするための必須アイテム・箇条書きを、「直列と並列」という切り口から、整理する方法です。さらに、パワーポイントで、箇条書きをビジュアル化する方法も紹介しま … 箇条書きを使うとき、行頭文字を自分で打っていないでしょうか。 これやると、折り返したとき、行頭文字の下に2行目の文字がきます。 それを避けるために自分で改行して、2行目にスペース入れて…スペース入れても微妙にずれますし、文章を修正するときの手間が増えます。 PowerPointでインデントや箇条書きの位置を変更する方法です。 行頭の位置や記号と本文との幅を詰める・広げる際にも利用します。 インデントの位置を調整する インデントされた下のようなスライドがあるとします。 まず前提として、ふたつの設定箇所があるという事を覚えておいてください。 6.5.2 項目を減らすか、2枚(あるいは複数) のスライドに分ける. パワポを使うときにもショートカットキーをつかって効率化しましょう。 私が使っていて便利なショートカットキーをご紹介します。 ※スクリーンショットで作成 目次1 パワポにもあるショートカットキー2 スライドをつくるときに便 […] 前回の記事で Ctrl + Shift + E というショートカットキーで「変更履歴の記録」をONに出来ることを紹介しました。 修正履歴の承認 (Alt→R→A) 使用頻度:★ ★ ★☆☆. 尚、箇条書きと同様、こちらはOutlookのメール編集画面でも全く同様に使えます。 3. 結論、パワポなんかいらない、パワポ職人なんてコンサルじゃない、と思っている「意識低い」系のkinacondaが、最低限覚えておけばいい3つのパワポ作成ルールを伝授します。 6.6.1 複数の項目や比較や整理なら表にまとめ る

シンプルだけと、ショートカットを覚えておくと作業も早くなる。といっても、あんまり知ってるわけじゃないけど。Ctrl+SとかCtrl+Cなんかの基本的なところに加えて、パワポを作るとき特有で、自分がよく使うのは次の2つ。 ショートカットを覚える.

箇条書きのスライドだけだと、読まれてしまいますし、退屈します。 写真や画像、図を使ってインパクトがあるスライドを作ってみましょう。 セミナーやプレゼンは、見せる+話す、つまり目と耳(そして体験)で学んでいただくものです。 6.5.1 マジックナンバー7を意識してまとめる. 6.5 箇条書きは7項目までにまとめる. 6.6 表やグラフを活用する.