2019/07/13 - Pinterest で mitsudaira さんのボード「ニコライ堂」を見てみましょう。。「ニコライ堂, ニコライ, 大聖堂」のアイデアをもっと見てみましょう。 ニコライ堂とは? ニコライ堂は正式名称を東京復活大聖堂と言います。 明治時代のお雇い外国人、ジョサイア・コンドルの指揮で. 府主教座のあるニコライ堂(東京都 千代田区・神田 駿河台)。 正式名称は東京復活大聖堂。現在の姿は関東大震災による上部ドームと鐘楼の崩壊後、1929年に再建されたもの。 日本における代表的なビザンティン建築。 首都圏の多くの正教会信徒が集う教会である。 関東大震災で一度倒壊したものの後年に再建され、太平洋戦争中も空襲の被害を免れて1962年(昭和37年)には国の重要文化財に指定されました。 この記事では、ニコライ堂の歴史や見どころをご紹介し … ニコライ堂の観光情報 交通アクセス:(1)お茶ノ水駅から徒歩で2分。ニコライ堂周辺情報も充実しています。東京の観光情報ならじゃらんnet JRお茶ノ水駅の南にそびえる日本ハリストス正教会の聖堂。ギリシャカトリックの大主教カサーツキン・ニコラ 1923年9月1日 – 関東大震災。ニコライ堂のドームと鐘楼が崩落。 1929年12月15日 – 府主教セルギイ(当時大主教)のもと、大聖堂の復興成り、成聖式挙行。外観は一部変更された。 1945年8月10日 – 府主教セルギイ永眠。 関東大震災の被害に遭った、ニコライ堂の写真です。ドーム部分や尖塔は、倒壊してしまいました。ニコライ堂周辺も、瓦礫と化しています。 ニコライ堂周辺も、火災によって焼野原となってしまいました。 建築家ミハイル・シュチュールポフが設計しました。 関東大震災で、ニコライ堂のシンボルであるドームが崩壊しました。 宮武先生「ニコライ堂は最初に出来たのは、明治24年、ジョサイア・コンドルの設計だったんだけど、関東大震災でドームが落ちてしまったんですよ。そこで、岡田信一郎が再建の設計をしたんですが、ドームの足元を強化して、以前より高くしたんです。