タントエグゼ(L455S )のダッシュボードを取り外したいのですが、外し方が分かる方教えてください。デフロスタの吹き出し口に物を落としてしまいました。またダッシュボードあたりから異音がするので、一度調べて みようと思い質問しました。よろしくお願いします。 DAIHATSU TANTO custom の ヒューズBOXからの電源取り出し ドア内張りパネルの外し方 ライセンスランプ球の交換方法 ルームランプ球の交換方法 ルームランプ連動マイナス線の取り出し をご紹介致します。蟰 タントのAピラーはエアバックがあるため特殊なクリップが使われてます。 Aピラーを引っ張ってクリップを1段解除。隙間からプライヤーなどを使ってクリップを90度回転させて外します。 もしくは、ニッパーで切断して新品のクリップと交換。 ピラーを外すといってもそれ自体を外すわけではなく 車内側 の 内装 を 外す ことを言います。. ここからはタントカスタムRS(la600s)の車体上部の作業に移ります。Aピラーはドアのパッキン部分を外しての作業です。下3箇所、Aピラー前2箇所、Aピラー後ろ2箇所でとまっていました。下に刺さって、Aピラーの前後でとまっている感じなので、上から順に外すと簡単に外れます。 ナビを変えたい、オーディオを変えていい音質で聞いてみたいと思っても、お店で作業代がかかるのを考えるとなんとなく控えてしまう気持ち。でも、自分でインパネの外し方を知っておくと、少しの作業ならやってみようという気持ちもできるかも?

横の方も手が入りにくかったら内張りはがしを差し込んで、テコの力を使って外します。 7つのクリップが外れたら、赤線囲みの部分が上からかぶせられている構造になっているので、青矢印のドアロックノブの引っかかりに注意しながら、内張り全体を上に持ち上げます。 bピラーの内張りの外し方は、aピラーよりも難易度が上がるが、diyでも可能。ポイントは、シートベルトの外し方がわかっているかどうか。ルーフ(天井)デッドニング前の必須の作業なので、実際にピラー内張りを外しながら、初心者向けに解説する。 平成19年式 タントカスタムL350Sを静音化。軽自動車の車内の静粛性アップに挑戦。吸音断熱材「かいおんくん」をボンネット裏やすべてのドア内張り裏やピラー裏に貼付。運転した人が「これは軽自動車じゃない!」と誰もが驚く結果に! . こんばんはナビ太郎です 今回はL600S タント インパネ取り外し方をやって行こうと思います。この型のタント オーディオパネルの取り外しがすこしやっかいですが画像を見ながら慎重に作業を進めてください ではよろしくお願いします。 ハリアーのピラーの外し方|ピラーとは. 今回は、n-boxのエアバック付きaピラーの外し方の話 カーナビやetc、ドライブレコーダーなんかを付ける際に、aピラーの内張りの取り外しが必要ですね。最近はaピラーにエアバックが付いてる車両も多く … 新型タント センターパネルとAピラーの外し方、カーナビ取付に必要な部品を紹介します。 まずは分解!こちらのパネルを外します。 奥のパネルは下から上に叩くように外します。既にオーディオ等付いている場合はリムーバーで外します。 ダイハツ タントカスタムのBピラー、Cピラー塗装作業!に関するパンダ好き!!の整備手帳です。自動車情報は日本最大級の自動車SNS「みんカラ」へ!助手席側はこんな感じなりましたー! Cピラーは塗装は完成してるのですが 7 zestのオーディオパネルの外し方についてです 8 【画像あり・工学・外し方が分からない・助けて】この写真の白い真ん中太いちょんぼりが1つ。その周りに十 9 ミニキャブバン u61v オーディオパネル外し方 10 ランエボ9のオーディオパネルの外し方。 内装を外し、配線などを露出させないようにピラー内に収めて内装を再装着する作業は、快適な車内空間を維持するためにぜひ知っておきたい手順です。 私の乗っているタント(l375タイプ)では、ピラーを外して初めてアース(マイナス側)をとれる場所がむき出しになりました。 プラス側はヒューズボックスからとり、マイナス側がアース。 こんにちは、ナビ太郎です。今回は新型タントに、 ナビとドラレコ(フロントのみ)の取り付けを やって行きます。このタント 車速、リバース、パーキング、ステアリング などの信号を取り出すのにちょっと厄介。では、順番にやって行きましょう。 ここでは平成23年式ダイハツタントX(L375s)のマップランプ、ルームランプ、ラゲッジランプの取り外し方法を説明していきます。 球を交換するだけならランプ本体を外す必要はありませんが、作業に慣れていない方は本体ごと一回外してしまった方が作業が楽になると思います。 車の天井に配線を通す、簡単なやり方。内張りもパネルも外さないので楽ちん。しかも見た目にもキレイ。ここでは「パワーバックドアオープンキット」の取り付け方法として解説しているが、リアからフロントに配線を通すときに、汎用的に役に立つ。 ダイハツのタントla600sのナビ周辺のパネルの外し方です。ナビ取り付けや交換などに役立てて下さい。 タントカスタムも内装が同じなら方法は同じと思います。 最近の車はとても簡単に交換取り付けが出来るので、ご自身でチャレンジしてみてはどうでしょうか? .