コーヒー焙煎講座、「カリタ ナナハン焙煎塾」に参加した件 少し前から嵌っているコーヒーの自家焙煎。 生豆を買って自宅で中華鍋を振りつつ、自分なりの正解を求め続けるも、すべてが手作業であることから、常に安定した焙煎具合になることはないだろうなと感じている。 いつもはサンプルロースターで焙煎しているコーヒー豆を、オーブンの高温にかけて焙煎してみます。混ぜることができないわけですが、ちゃんと飲めるコーヒー豆に仕上がるでしょうか。反省点や課題も含めて、焙煎時の様子や感想をお伝えします。 簡単に自宅でコーヒー豆を焙煎するやり方とコツについてご紹介したいと思います。コーヒー好きの方はどうすればおいしいコーヒーを自宅で飲めるか知りたいかと思います。以前、コーヒーの会社に勤めていた私が焙煎のちょっとした知識・コツを教えたいと思います。 自家焙煎してみたら鮮度の高いコーヒーを毎日飲めるようになった! 先日、人生で初めてコーヒーの生豆を購入し、自宅で焙煎してみました!うまくできたのかどうかも含め、方法と結果をまとめてみまし … コーヒーを炒ると、どんな香り? カフェに行くにつれ、よく目にするのが 店の奥にどーんと設置された大きな焙煎機。 お店がオープンしている時に焙煎しているは見たことがありません。 多分、閉店してい … これがフライパン焙煎といえるのではないでしょうか? フライパン焙煎に必要な道具を下に貼っておきます。 片手で振れる中華鍋は、一個あるとチャーハンやコーヒー豆を煎るのに便利です。 おすすめの道具一覧 (焙煎しやすい 有機生豆) コーヒー生豆焙煎、中華鍋編 スキレットでのコーヒー豆焙煎では、スキレットの小ささ故に縦横無尽にかき混ぜることができず、キレイに焙煎ができなかったのではないか、というところに落ち着きました。それならば次は大きい鍋を使うまでです。 元コーヒー屋で「コーヒーインストラクター2級」の資格をもつ私がお送りする。コーヒー自家焙煎の基本シリーズです。 第一弾「コーヒー自家焙煎の始め方、必要な物は?」 第二弾「コーヒー自家焙煎の焙煎度合い、最適な焙煎時間は?温度ははかる? 焙煎機とは金属の塊なので、予熱をせずに生豆を投入しても、 なかなか生豆に思い通りの熱が伝わってくれないからなんですね。 チャーハンを作る時も、中華鍋をよく温めることが大事だと言われます。

※焙煎の細かな解説は、今後、別記事にてご紹介します。今回は流れのみになります。 手網による焙煎の大まかな流れは、こちらの記事になります↓ コーヒーを手網で焙煎してみた。銀杏炒り用の煎り器でハ …