日本近代建築史(にほんきんだいけんちくし)では、幕末以後の日本における近代建築の年表を記述する。. 2020.4.10 【近代建築】2020年4月号を発売致しました 2020.3.9 【近代建築】2020年3月号を発売致しました 2020.2.10 【近代建築】2020年2月号を発売致しました ル・コルビュジエのについてご紹介。モダニズム建築を代表する建築家ル・コルビュジエの哲学を掘り下げてみました。ル・コルビュジエは「近代建築の五原則」や「ドミノシステム」など、建築界に革命を起こしました。そんな彼のセオリーを徹底解剖します! 日本の建築の歴史全般についての詳細は、「日本建築史」を参照すること。 近代建築図録: 近代建築の様々な部位を比較掲載して近代建築の魅力に迫ります。 建築懐古写真: 現存しない建築物を中心に建物用途別に分類し、古写真で紹介しています。 近代人物事典: 近代化を支えた幕末から昭和初期の人物を紹介しております。 このページでは、日本の近代化を支えた建築家を紹介しております。 各詳細ページでは用途別又は竣工年順に手掛けた建物をご覧頂けます。 人物紹介は、Wikipediaより抜粋して紹介しております。 4/8(三)14:00~16:00 主題:日治時代的台灣近代建築主講:姚其中老師 費用:會員100元,非會員200元 地點: 大東山文創基地台北市南京東路三段90號6樓(捷運松江南亰站步行10分鐘)匯款資訊:匯款銀行:005土地銀行長安分行帳戶帳號:社團法人新北市觀光導遊協會 /008001-084021請註明「匯款 … WEB上でデジタルブックを公開し、総合建築業、設計事務所、メーカー、学生など建築に関わる様々な人々が、情報交換できる場(Architecture Information Market / 建築情報市場)として、「LINK BOOKS」というサイトを立ち上げました。 CIAM(Congrès International d'Architecture Moderne、シアム、近代建築国際会議)は、建築家たちが集まり都市・建築の将来について討論を重ねた国際会議。 モダニズム建築(近代建築)の展開のうえで大きな役割を担った。 1928年に始まり、1959年までに各国で11回開催された。