カメラやレンズの悩みで多いのがカビの発生。「レンズはガラスなのでカビが生えるなんて思わなかった」と思う人も多いようですが、カビは湿気と栄養分さえあればどこでも発生する可能性があり、カメラやレンズにカビが生えてしまうと画質の低下や曇りの原因になってしまいます。 一眼レフカメラのレンズ内側に、多分カビだと思うのですが、白いものがついています。現像したフィルムには異常はないです。気になるのでキレイにしたいのですが、カメラ屋さんで修理ということになるのでしょうか?カメラのキタムラとか もう一度カメラやレンズを取り出してよく確認してみてください。 取れない汚れがついていませんか? もしついているとしたらそれはカビの可能性がありますよ。 カメラ転売のレンズの光学状態確認方法、カビ、くもり、キズ、ほこり(チリ)の見分け方 動作チェック 絞りリング、フォーカスリングが動くか チェックしていきます。 カメラ本体、レンズのカビの除去カメラに詳しい方にお尋ねします。約20年前に買った「ニコン製 一眼レフ」2台と、ニコン製レンズ「24mm」「50mm」「36~72mm」、モータードライブ、ストロボ。レンズメーカー製「35~70mm」、「70~250mm」「テレコンバータレンズ」があります。ここ10年ほど …

梅雨の時期のカメラ、気になりますよね。これだけ雨続きで湿度も上がり、温度も高いし、人間でも蒸し暑いのにカメラってどうなるんだろう? お気に入りの一眼レフが心配!そんなあなたに、カメラに適した保管方法と万が一のカビ対策をご紹介します!

一眼レフカメラのカビはなぜ発生する?原因は? 一眼レフカメラにカビが発生するのは想定外で、カビを確認した時点で悩みは果てしなく尽きることはありません。 レンズ内部にカビが発生するのは以下のような原因が考えられます。 手持ちのカメラのレンズにカビがあると言われたものがあるのですが、私が見てもよくわかりません。どうやってみわけてるのでしょう。また使用に差し支えないカビの量などもどうやって見分ければいいんでしょう?カメラ屋の店頭で、レンズ カメラのレンズのカビについて解説します 一眼レフカメラ等を購入する際、様々なカメラレンズをご購入されると思いますが、カメラレンズには、レンズの表面や内側に曇りやカビが発生してしまうという、避けては通れない問題が生じてしまいます。