「カメラ・ストレージ・マイクの権限を許可しますか?」ポップアップについて Android 6.0(Marshmallow)以降のバージョンでは、Mobizenの録画・キャプチャ・録音・保存・設定・編集の機能を使用するために権限許可 ポップアップが出るようになりました。

Windows10のカメラが搭載されたパソコンで、アプリでカメラにアクセスできるか許可・不許可の設定ができます。 アプリからカメラが使うことができないときは、カメラへのアクセス許可がオフになっている場合があります。 LINEの通話画面、Instagramのカメラ画面など、「アクセスできない機能を使用する画面」を開いてもアクセス許可が表示されませんでしょうか。 また設定→スクリーンタイム→コンテンツとプライバシーの制限において、マイクや写真などの項目は許可されていますでしょうか。

PC本体に内蔵されているwebカメラが使用できません。 まずはじめに不具合を感じたのが、 GoogleChromeを使用してyoutubeのライブ配信をするため、カメラを使用した際です。 配信開始ボタンを押すと、 「カメラは別のアプリケーションで使用されているため、アクセスできません。 各種のアクセス許可と、そのアクセス許可でアプリに許可される動作を以下に示します。 すべてのファイル、周辺機器、アプリ、プログラム、レジストリへのアクセスを許可する : アプリは、すべてのファイル (ドキュメント、画像、音楽など) の読み取りと書き込みを行うことができます。 " 許可しない "を選択すると、 カメラ周りの機能が該当アプリ内で利用できない ようになります。 アプリがアクセス許可を求める機能の種類って?アプリ側がアクセス許可を求めてくるものは次のものが挙げられます。ボディセンサー カレンダー カメラやマイクのアクセス許可の変更は「設定」>「プライバシー」で行う。Windows 10 バージョン1803では、デスクトップアプリもこの設定の影響を受けるので … カメラとマイクを使用するサイトに移動します。 メッセージが表示されたら、[許可] または [ブロック] をタップします。 許可したサイト: サイトではアクセス時に録音・録画を開始できます。別の Chrome タブまたは別のアプリを使用している場合 Chrome でアクセスしたサイトでカメラとマイクを使用することができます。 Chrome を開きます。 カメラとマイクを使用するサイトに移動します。 メッセージが表示されたら、[許可] または [ブロック] を選択します。許可したサイト: サイトではアクセス時に録音・録画を開始できます。