*「イザベラ・バード 上山称賛の丘」石碑が建つ *「上山の町は楽しげな家々に庭園があり、美しい風景のある温泉場」と絶賛 *バードが宿泊したかみのやま温泉街の会津屋旅館跡展望 *上山城は藩主土岐頼之と沢庵和上との「上中下三字説」で有名. 名言の王国へようこそ. ハングル史:福沢諭吉とバードが期待しすぎた韓国人の教養 / 19世紀後半に世界を旅した英国人女流旅行作家イザベラ・バード・ビショップ(1831-1904)が朝鮮について書いた「朝鮮紀行」の中にハングルに触れた文章が二箇所ある。これを軸に福沢諭吉らのハングルへの貢献についてお復習い イザベラ・バード (1833~1904)は、19世紀に活躍したイギリスの探検家・写真家である。. イザベラ・バードが残した日本旅行の記録は、外国人から見た当時の日本を知ることができる貴重な資料 米沢の美しい農村風景に感激したイザベラ・バードはこう記しました。 「米沢はアジアのアルカディア(桃源郷)である」 明治時代の日本を訪れ、『 日本奥地紀行 』という紀行文を執筆した。 特に栃木県にある日光湯元温泉を気に入り、日本だけでなく朝鮮や満州、中国への旅の際には必ず立ち寄っていたそうだ。 時は明治初頭。 東京から蝦夷まで、地図なき道を旅したイギリス人がいた。 彼女の名はイザベラ・バード、冒険家。 彼女の目的は、時代の激変とともに、滅びゆく日本古来の生活を記録に残すことで … 私は、日本人ほど自分の子どもをかわいがる人々を見たことがない。子どもを抱いたり、背負ったり、歩くときには手をとり、子どもの遊戯をじっと見ていたり、参加したり、いつも新しい玩具をくれてやり、遠足や祭りに連れて行き、子どもがいないといつもつまらなそうである。 イザベラ・バード(女性旅行家)語録1件 「私はそれから奥地や蝦夷を1200マイルに渡って旅をしたが、まったく安全でしかも心配もなかった。 「日本では太陽が照ると山野は天国と化す」(イザベラ・バード)【今日の名言】,この世の中には、知らなくたって生きていくのに全然困らないけど、知っていたほうが楽しく生きていけるという事を取り … 日本・中国・インド・イスラム圏を含む広大な土地で生まれたアジアの古典を記録した750巻からなる『東洋文庫』を毎週1巻ずつご紹介。今週は『中国奥地紀行1』(イザベラ・バード著 金坂清則訳)を取り …