モニタの色数を変更する」や「3.

IconCache.dbを削除してPCを再起動」または「通常のPC再起動」などでは、元に戻りませんでした。アイコンキャッシュの破損にも色々な状態があるようで、対処方法もそれに合わせて変更する必要があるようです。 Windows8/8.1のパソコンでデスクトップのアイコンが動かないときは、2つの方法を行ってみましょう。①アイコンの自動整列にチェックを外す。②アイコンのキャッシュファイル「IconCache」を削除する。 Windows 7のショートカット アイコンが白くなり正しく表示されない場合は、IconCache.dbを削除するのが一般的です。削除しても改善しない場合は、ショートカットを再度作成しましょう。

Windows 7のショートカット アイコンが白くなり正しく表示されない場合は、IconCache.dbを削除するのが一般的です。削除しても改善しない場合は、ショートカットを再度作成しましょう。 アイコンキャッシュを再構築するには、このフォルダに表示されるすべてのアイコンキャッシュファイルを削除する必要があります。 しかし、これらのファイルはエクスプローラでまだ使用されているため、通常は削除できません。



パソコンの再起動やアイコンキャッシュファイルの削除などを行って、正常に表示されるか確認します。 ショートカットが白紙アイコンになった状態(一例) ※ Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。 「2. Windows8で、ディスクのクリーンアップを使って、一時ファイルなどの不要ファイルを削除する方法を紹介します。 Windowsを長い間利用していると「ダウンロードされたファイル」「インターネット一時ファイル」「ゴミ箱」「ログファイル」といった不要なファイルがたまっていきます。 システムキャッシュファイルの削除.

アイコンキャッシュのフォルダ名に「 C:\Documents and Settings\[アカウント名]\Local Settings\Application Data 」が表示されていますので、アイコンが壊れているアカウントのアイコンキャッシュファイルを削除します。 Windowsの起動時に再作成されるためすべて削除しても問題はありま … パソコンの再起動やアイコンキャッシュファイルの削除などを行って、正常に表示されるか確認します。 ショートカットが白紙アイコンになった状態(一例) ※ Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。 Windowsシステムでは無駄なキャッシュファイルが大量に残されることがよくあります。不要なシステムファイルを削除すれば、スペースを解放し、パソコンの性能アップが望まれます。